デスケーラーの必要性とその進歩

main-img

デスケーラーとは、ボイラーなどの内側にできるスケールを除去する薬品です。このスケールはボイラーや熱交換器などにおいて、給水中に含まれる揮発しにくい溶解成分や溶解しない成分が水が蒸発することで濃縮し、これらが析出することで伝熱面上に付着ないし蓄積します。スケールは主としてカルシウムおよびマグネシウムの硫酸塩、炭酸塩、ケイ酸塩や水酸化物をからなる固形分になります。スケールはボイラー内の対流の障害となり、伝熱面の加熱破損の原因となってしまい、特に高温高圧ボイラーではその傾向が顕著になります。

そこで、給水の前処理だけでなく、装置の掃除が必要になり、デスケーラーが必要になります。



デスケーラーは、スケールを溶解させることで除去させることから、強力な酸を使用します。

OKWaveが一般的になってきました。

洗浄成分が従来型の塩酸系のものですと、金属を著しく腐食させる恐れがあることから、洗浄後に金属を不動態化させる処理が必要になります。

最近のデスケーラーでは強酸性ながらも腐食性が小さくなっており、またインヒビターと呼ばれる添加剤の働きによって、洗浄にかける時間も短縮化できるようになってきました。安全性についても向上しており、毒劇物を使用していない配合とし、直接皮膚に付着しても影響が小さくなっています。デスケーラーの廃液についても、排水基準を満たすように設計していることから、煩雑な排水処理を経ずに、中和程度の簡便な処理によって廃棄することも現在の技術で可能になりました。

スケール除去がとても人気であることがわかります。

科学関係の真実

subpage1

水の中に含有されているマグネシウムやカルシウム、さらにシリカといった無機塩類化合物が、水道管の内壁などに付着、堆積したものをスケールと呼びます。水垢と呼ばれるものと同じです。...

more

1から学ぶ科学

subpage2

集塵機の仲間であり、空気の中に含まれている塵などを強く旋回する気流により分離させる事ができるものをマルチサイクロンと呼びます。サイクロンという言葉には竜巻という意味合いがありますが、その名の通り下方向に向かって強く風が旋回しながら下がっていくのです。...

more

科学関係の情報

subpage3

水を使用する工業機器は非常に多いものです。工場などでは製品を製造する過程で熱を発生するためその熱を冷やす為に水を使用して冷却したり、工場排気を洗浄するために水蒸気を使用していることも少なくありません。...

more

ためになる情報

subpage4

熱回収を行う際に必要となるヒートポンプを新品で購入しようと考えると非常に高額なのですが、実はヒートポンプは中古でも販売されておりそちらの価格は安くなっています。熱回収を目的として設置されている機材に利用されているヒートポンプの交換が必要になった際には、新品だけでなく中古品も購入対象に含めると費用の節約につながりますのでおすすめです。...

more